« Orion | トップページ | 健康に »

安全を願う

下世話なことだと思いながらもつい写真を撮ってしまった。

China

飛行機事故というのはめったに起こらないが、起こってしまうと大勢の人がなくなる可能性が高い。それだけに安全には細心の注意が払われているはずなのだが、それでも事故はなくならない。「人間のやることだから、間違いはあるさ」では片付けられない部分であるため、飛行機に係る人たちは決して手を抜いているわけではないと思う。

ただ、飛行機に乗るお客様の顔が見えないところで仕事をしている整備の人たちは毎日乗客の顔を思い浮かべながら整備しているのだろうか?それとも、ただの機械と思って接しているのだろうか?

今回は幸いにも一人の死傷者も出さずに済んだことは、最大の朗報であるが、一つの航空会社の事故が多いと、バッシングもひどくなると思われる。報道する側も重箱の隅をつつくような報道ではなく、まずは原因について冷静かつ正確に報道してもらいたいと思う。

以前福岡空港で滑走路のオーバーランか何かで飛行機が炎上した際も、日本語での緊急放送がなく、現地語(飛行機の所属する国)でしかアナウンスがなかっただの、同じような報道があるが、果たして日本の航空会社が外国で事故を起こした際、そうはならないという保証があるのだろうか?でも、それ以前に事故を起こさないために関係する人たちが真摯に安全の向上に取り組んでいると信じていたい。

|

« Orion | トップページ | 健康に »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Orion | トップページ | 健康に »